総額でいくら?妊婦健診・出産費用の自己負担金額の実例

スポンサーリンク


妊娠から出産までトータルでいくらかかるのか、実際に自己負担で支払いした金額についてまとめてみました。

 

病院で妊娠確定したら、すぐに母子手帳を受取

妊娠をしたらまず検査薬で自己判定し、次の段階で病院に行って検査をすると思いますが、病院で正式に妊娠確定の判定をいただくと、各自治体に行って母子手帳を受け取るように案内をされます。この母子手帳の受取は、次回の妊婦健診までに必ずした方がいいです。

なぜならば、妊娠は病気じゃないので、病院の受診料が全部自己負担になるからです。保険が適用されないと1回あたりの受診料が約1万近くするので、なかなかの負担です。

そんな受診料の負担を軽減してくれるのが、各自治体で交付されている母子手帳と一緒に受け取れる各種の補助券です。

 

【横浜市の場合】ママの健診は82,700円の補助が受けられる

例えば、私が住む横浜市で交付されている母子手帳に付いている補助券の金額は、合計82,700円でした。

出典:Penelope tete en lair

ちなみに、横浜市の母子手帳はこんな感じです。母子手帳ってもっと小さいイメージだったけど、結構大きいです。

インターネットでいろいろ調べていると各自治体によって母子手帳の大きさもデザインも違うみたいですね。

 

実際に自己負担で払った金額は、合計228,892円

補助券を使ってトータルで17回通った妊婦健診(産後1ヶ月健診も含む)と出産の金額の内訳です。

 

妊婦健診は、合計64,362円

最初に病院選びを失敗して、2つのレディースクリニックと総合病院で全く同じ妊娠判定検査を受けました。

保険が適用外だったので、いずれも全額自己負担です。診察内容は同じような感じですが、病院によって金額がこんな感じで結構違います。

 

回数 自己負担額 補助券&一時金 実額 内容
1 4,640円 0円 4,640円 クリニックA初診
2 8,480円 0円 8480円 クリニックB初診
3 15,820円 0円 15,820円 総合病院初診/分娩予約(10,000円)
4 4,160円 12,000円 16,160円 妊婦健診
5 4,400円 4,700円 9,100円 妊婦健診
6 2,300円 4,700円 7,000円 妊婦健診
7 2,940円 12,000円 14,940円 妊婦健診
8 2,900円 7,000円 9,900円 妊婦健診
9 2,300円 4,700円 7,000円 妊婦健診
10 2,300円 4,700円 7,000円 妊婦健診
11 2,300円 4,700円 7,000円 妊婦健診
12 4,650円 4,700円 9,350円 妊婦健診
13 2,300円 4,700円 7,000円 妊婦健診
14 4,272円 4,700円 8,972円 妊婦健診
15 3,300円 4,700円 8,000円 妊婦健診
16 3,300円 4,700円 8,000円 妊婦健診
17 154,530円 420,000円 574,530円 出産/入院
18 4,000円 0円 4,000円 1ヶ月健診
合計 228,892円 498,000円 726,892円

 

出産費用は、合計154,530

出産一時金の420,000円を直接支払制度で利用し、退院時に差額の154,530円を支払いました。

出産の金額は出産をする病院でまず設定金額が違う上に、さらに入院中の部屋タイプや分娩方法によっても違ってくるみたいですね。

私は普通分娩でこの金額でした。

 

まとめ

こうして表にまとめてみると補助券や出産一時金がない場合だと、妊娠してから出産するまでに約70万もお金がかかることになるんだなと、大金すぎて驚きました。

そう考えると母子手帳に付いてくる各種の補助券や出産一時金のような制度は大変ありがたいものですね。

 

スポンサーリンク