【図解】いつ貰える?出産手当金・育児休業給付金の振込時期と金額

スポンサーリンク


産休・育休に入るにあたり各種書類の提出タイミングもそうですが、手当もいつ貰えるのか結局最後までよく分からず、産休・育休に突入してしまいました。

なんだかすっかり忘れた頃にある日突然銀行口座に振込があったので、この機会に出産手当金と育児休業給付金の振込時期と金額についてまとめてみます。

 

出産手当金・育児休業給付金について

出産手当金・育児休業給付金などの各種手当は、それぞれ支給先が違っていて、健康保険から支払われるものと雇用保険から支払われるものがあります。

大塚商会さんのホームページが、一番丁寧でわかりやすかったですね。

 

 

出産手当金などは健康保険から支払われるお金

 

出産育児一時金

会社勤めをしていて、自分で健康保険を払っている人もしくはその家族も給付の対象です。一旦貰うことも可能ですが、多くの人は出産した病院で「直接支払制度」を使って、実際にかかった出産費用が出産育児一時金の42万円を超えた場合に、差額分だけを払うという方法を取ってます。

私も出産した病院から貰った「直接支払制度申請書」を記入して提出したら、退院時は出産育児一時金の42万が引かれた差額分のみを支払って退院しました。

 

被保険者、あるいはその被扶養者が出産したときは、1児につき42万円の『出産育児一時金』が支給されます(産科医療補償制度に加入していない医療機関等で出産した場合は40.4万円)。 ※多胎児を出産したときは、胎児数分だけ支給されます。

出典:大塚商会

 

出産手当金

妊娠4ヶ月以上で会社勤めをしていて、自分で健康保険を払っている人(扶養している家族は対象外)で、出産で休んでいる間に給料を受け取っていない人。

または、既に退職をしていても退職時に健康保険に1年以上加入していて、退職日から42日以内に出産予定日があり退職日に出勤していない人が対象です。雇用形態は正社員でなくても、契約社員・パート・アルバイトも対象となります。

出産手当金は、もし妊娠4ヶ月を過ぎて正常に分娩できなかったとしても支払われます

ただし、国民健康保険加入者は出産手当金の制度が適用されず、受け取れません。

 

被保険者が出産のため会社を休み、その間に給与の支払いを受けなかった場合は、出産による産前産後休業期間(出産の日以前42日から出産の翌日以後56日目まで計98日)の範囲内で、会社を休んだ期間を対象として『出産手当金』が支給されます。なお、出産が予定日より遅れた場合、その遅れた期間についても出産手当金が支給されます。

出典:大塚商会

 

育児休業給付金は雇用保険から支払われるお金

 

育児休業給付金

育児休暇中に会社から給料が出ない代わりに、雇用保険から支払われるのが育児休業給付金です。給付期間は赤ちゃんが1歳になるまでですが、保育園に入れなかったなどの特別な理由があった場合に、最大で1歳6ヶ月まで受け取れます。

 

育児休業期間中に給与の支払いを受けなかった場合は『育児休業給付金』が支給されます。支給額は、支給対象期間(1カ月)当たり、原則として休業開始時賃金日額×支給日数の67%(育児休業の開始から6カ月経過後は50%相当額となっています。

出典:大塚商会

 

保険料や住民税の支払いは?

 

健康保険や厚生年金

産休育休に入っている期間は、免除されるとのことなので請求はありませんでした。

 

産前産後休業期間のうち、妊娠または出産を理由として労務に従事しなかった期間について、健康保険・厚生年金保険の保険料が免除されます。

出典:大塚商会

 

住民税

住民税については、前年の所得に対する課税なので免除などはなく、普通に6月頃に請求が来ました。また産休に入ったタイミングで給料から天引きできなかった前々年分の住民税も、産休に入ってから1ヶ月ほどで届き、自分で振込用紙で支払う必要がありました。

 

スポンサーリンク


 

出産手当金と育児休業給付金の振込時期と金額

私は予定日より2日早く出産したため、産前休暇が通常42日のところ、40日となりました。産後休暇は56日と変わらずです。そのため、出産手当金も合計96日分で計算され入金がありました。

申請は産前・産後と分けて請求ができますが、私は出産後まとめて請求したので一括で入金です。実際に出産手当金が入金されたのは、産後82日で、約3ヶ月くらいですね。

育児休業給付金は、出産手当金と全く同じタイミングで申請をして、産後145日と約5ヶ月後に入金がありました。ただ、これは私の方で銀行口座の不備があったため、資料の再提出を7月末くらいにしているのでそれがなかったらもう少し早かったかもしれません。

 

 

育児休業延長の実例!給付金など申請手続きに必要な書類や方法

2018.02.16

【図解】育児休業給付金の実例!申請時期・振込日・振込額を公開

2017.12.28

 

出産手当金と育児休業給付金の振込額や振込時期についての計算が簡単にできるこちらのサイトは、振込前に確認するときにとても役立ちました。

 

▼参考サイトはココ

給付金の計算ツール

 

まとめ

産休に入ってから最初の出産手当金の入金があるまで、124日間と約4ヶ月は無給となるので貯金を切り崩して生活をしなければいけないですが、思ったよりも入金が始まる時期が遅かったので、その間の出費額を考えると日頃から貯金しておいてよかった印象です。

余裕を持って貯金をしていてもどんどん出産準備や産後の買い足しでお金は減っていくので、こうした制度は休業中にはとてもありがたいものでした。

 

育児休業延長の実例!給付金など申請手続きに必要な書類や方法

2018.02.16

【図解】育児休業給付金の実例!申請時期・振込日・振込額を公開

2017.12.28

 

スポンサーリンク