母乳が出るようになったマッサージ・食事

スポンサーリンク


子供を産んだら、当然のように出ると思っていた「母乳」ですが、意外と出ないものです。溢れるように出るだろうと思っていましたが、出産直後・・・出ない。次の日・・・出ない。

母乳が思うように出ない焦りと、母乳が足りなくて泣き止まない我が子を見て出産直後は、本当に精神が病みそうなくらい悩みました。

しかし、2週間後に母乳外来で助産師さんに「母乳だけでも大丈夫ですよ」と言って貰えたので、当時の私の対策法をまとめます。

 

産後の母乳育児はいつから?

出産直後に赤ちゃんと対面するな否や、早速母乳が早く出るように「赤ちゃんに乳首を舐めさせてみますか?」と助産師さんに勧められました。

この時はまだ、赤ちゃんが乳首を吸えばすぐに母乳が出るものだと思っていました。しかし、舐めて貰うも、思いっきり噛みつかれても、母乳が出ている痕跡がありませんでした。

入院中は昼夜を問わず、赤ちゃんが泣けばおっぱいを吸わせるように指導をされていたので実行していましたが、結局母乳が足りずにミルクを足しながらの母乳育児でした。

 

母乳育児のためのマッサージは産前から?

このような経験をしたら、2人目を授かった場合は、出産前からマッサージをしようって思ってしまいます。

ところが、退院の際にも案内をされますが、出産前におっぱいを刺激すると早産になってしまう可能性が高まるので、1年間は子作りを避けるように指導をされ、母乳をあげることも避けたいくらい産前はおっぱいに刺激を与えちゃいけないんですよね。

 

母乳が出ないときのマッサージ法

なので、産後に根気よく出るまでマッサージをしたり、食事を気をつけたり対策していく必要があるんです。

入院中は助産師さんから母乳指導があったり、おっぱいマッサージをして貰ったりしていましたが、退院してからは自分でもしていました。

その時に主にやっていたのは、授乳前の「乳頭マッサージ」でした。

 

補足

乳首のすぐ外側の乳輪部を親指と人差し指と中指で摘みながら、しこり(ある感じがすれば)を潰しながら、引っ張るイメージです。

 

これは入院中に、助産師さんもよくやってくれていたマッサージの一つです。正直、母乳が出るためのマッサージは沢山ありますが、毎回授乳前に全部実践するのは現実的じゃないですよね。

退院当日、それまで全く出ている気配がなかった母乳ですが、乳頭マッサージを入念にやって貰って、なんとか30ml出るようになっていました。その時に助産師さんに言われた言葉がとても印象的でした。

「母乳というのは、お母さんが一所懸命赤ちゃんにあけようと思う気持ちで出るようになるものだよ。お母さん頑張ったね。」

たった30mlですが、涙を流すほど嬉しかったのを覚えています。

乳頭マッサージは、乳首を赤ちゃんが咥えやすくするために乳輪を柔らかくしてくれるだけでなく、擬似的に吸われてるようにマッサージをするので、母乳が出やすくなる刺激にもなっています。

 

母乳外来はどこにいくべき?

退院当日になんとか出るようになった母乳ですが、正直このまま母乳育児できるほど出るのか不安でした。そんなお母さんたちの不安を解消するために、多くの産院では母乳外来を実施しています。

街の母乳外来に駆け込む前に、もし母乳の出で不安の時は、まずは自分の産院で母乳外来を実施していないか確認をしてみましょう。

ちなみに、私の産院は総合病院で1回3,000円で、おっぱいマッサージと赤ちゃんに吸わせる姿勢などの指導もしてくれました。

 

母乳が出ないときに効果的な食事は?

母乳が出るように水分を多く摂るのがいいと言われますが、水分は水分でも「温かい飲み物」が効果的でした。普段の水分補給はルイボスティーをよく飲んでいました。

また、食事は毎食スープを作って飲んでいました。特に根菜類を多く使った豚汁などをよく飲んでいました。そのスープには、母が産後の体回復のために持参してくれていた、「なつめ・クコの実・朝鮮人参」などの漢方を入れていました

 

スポンサーリンク


 

母乳が出ないときに知ってほしいこと

出産をしたら誰でも当たり前に出ると思っていた母乳ですが、誰でも当たり前に出るものではありません。産院によっては母乳育児推奨で、母乳が絶対!や周りでも母乳育児をして当たり前というような人もいるかもしれません。

だから、母乳じゃなきゃって思ってしまって焦ったりしてしまうかもしれませんが・・・

 

ミルクの活用を嫌がらない

お母さんのためにも、赤ちゃんのためにもミルクを上手に活用しながら根気よくマッサージや食事で対策をして行きましょう。私も母乳が出やすくなるために、夜間授乳を頑張ったら出にくい日中などはミルクを与えながら、3ヶ月頃には母乳育児にシフトしていきました。

あと、上手にミルクを活用するとお母さんの気持ちも体も楽になりますよ。夜間授乳の寝不足を解消するために、日中は母がミルクで息子の授乳を代わりにしてくれるおかげでゆっくり睡眠をとれていました。

哺乳瓶は産院で勧められた「桶谷式母乳相談室」を使っていました。母乳育児で行けるものだと信じて疑わなかったので全く哺乳瓶を用意しておらず、入院中にネット注文をしました。

 

 

周りの心無い言葉は無視

ですが、そんな協力的な母にも悪気はなく「おっぱい出ないタイプなんじゃない?」とか泣いている赤ちゃんを見て「おっぱいが足りてないんじゃない?」と言われました。

産後は特に精神も不安定になりやすいので、ちょっとした一言に傷つき、腹が立ったりします。

ストレスによって出にくくなることもあるくらい母乳はデリケートなので、周りの心無い言葉はできれば気を使って言って欲しくないことですが、言われたらしょうがない・・・無視をしましょう。

会話を続けると余計傷つきます。

 

ママのしたいようにする

他の誰でもない、あなたが赤ちゃんの「お母さん」なんです。周りの言葉や意見に惑わされずに自分のしたいようにしましょう。

お母さんが楽なように、楽しいように、マイペースに母乳育児をしていきましょう。

赤ちゃんが上手く咥えられないのは、まだ口が小さくて咥えきれないから。母乳の出が悪く感じるのは、血液の循環がまだ流れに乗っていないから。

母乳育児が軌道に乗ると最初に悩んでいたことが、仕方がなかったことだったと気付きます。

 

埋没乳首などで乳頭保護器を使っていたら

上手に咥えて貰えないや乳首が負傷するなどして、私は初期の頃から乳頭保護器を使っていました。

上手に咥えられない原因は、私の乳首が扁平で赤ちゃんが認識できずに乳輪ではなく、ない乳首を無理やり噛んでいたので切れに切れまくっていました。

傷が癒えぬ間にまた噛まれるので、正直授乳が苦痛に感じるくらい痛かったので、そんな乳首を保護するのと赤ちゃんが吸いやすいように使っていました。

しかし、この乳頭保護器を使っているとそのうち直母で飲んで貰えなくなるんじゃないかと心配になります。私は、2ヶ月目から直母で試してからダメだったら乳頭保護器ありでといったように徐々に直母に慣れさせシフトしていきました。

3ヶ月頃になると、口も大きくなって顎の力もついて上手に乳輪まで咥えて吸うようになってくれました。

なので、初期で乳首が痛くて授乳が苦痛に感じているなら、あまり心配せずに乳頭保護器を使いましょう。

 

 

まとめ

母乳がなかなか出ないでつい気持ちが焦ってしまいますが、今思えば自分で自分を追い詰めてしまっていたので、もっと気楽に構えれば良かったと思います。

シンプルですが、結局母乳が出るようになったマッサージ・食事は以下でした。

  1. 授乳前の乳頭マッサージ
  2. 温かいルイボスティー
  3. 毎食のスープ

 

ぜひ、参考にしてみてください。

スポンサーリンク