誕生月別に貰える児童手当金の総額について

スポンサーリンク


出産をすると、住んでいる地域の自治体によって貰えるお金があります。児童手当金もその一つですが、初めての出産だと制度がよく分からず申請していなかったり、遅れてしまったりする可能性があります。

私は息子が生まれたときに児童手当金の申請をのんびりしていたら、申請がギリギリになってしまい、危うく児童手当金が1ヶ月分なくなるところだったので、児童手当金の申請で注意することと誕生月別に貰える児童手当金の総額についてまとめます。

 

児童手当金の支給対象者

児童手当金とは、日本国内に住民登録がある中学校修了までの児童を養育している、日本国内に住民登録がある養育者に支払われる手当金です。

中学校修了までの児童とは、15歳に達した後、最初の3月31日までの間にある児童のことをいいます。

 

児童手当金の支給金額

児童手当の支給金額は、支給対象者の年収や子どもが第1・2子と第3子以降など条件によって金額が違います。

 

年齢 所得制限
限度額未満 限度額以上
3歳未満 15,000円 年齢にかかわらず児童1人につき一律5,000円
3歳〜12歳 第1・2子 10,000円
第3子以降 15,000円
13歳〜15歳 10,000円

 

所得制限が限度額未満の場合

3歳未満はいずれも15,000円です。3歳〜12歳(小学校)では、第1・2子は10,000円ですが、第3子以降は15,000円となります。

13歳〜15歳(中学校)では、またいずれも10,000円となります。

 

所得制限が限度額以上の場合

年齢や第 1・2子や第3子に関係なく、一律5,000円となります。

所得制限の限度額は住んでいる地域によって異なるので、自分の住んでいる地域のホームページなどで確認をしてみて下さい。

 

 

児童手当金の支給月と支給日

私が住んでいる横浜市の例です。

支給月は、毎年

  • 2月(10/11/12/1月)
  • 6月(2/3/4/5月)
  • 10月(6/7/8/9月)

 

前月までの4ヶ月分をまとめて、届出した金融機関へ振り込まれます。

振込日は、各支払月の15日です。15日が金融機関の休業日に当たる場合は、その直前の営業日です。

 

スポンサーリンク


 

児童手当金の申請について

子供が生まれたら、なるべく早く申請手続きはしましょう。

児童手当金は申請した翌月からの支給になるので、申請が遅れれば遅れるほど支給される月数が減ってしまいます。

私は3月半ばの出産で、申請が月末ギリギリになってしまい、4月でもいいかな・・・とのんびりしていたら、区役所の係の方に翌月に跨ぐと本来3月受理なら4月から出るところが、4月受理で5月分からとなる旨注意を受けて慌てて提出しました。

6月分から翌5月分までが「1年度」で、毎年6月に現状届を提出する必要があります。この現状届の提出がないと6月以降の子ども手当金を受給できなくなるので要注意です。

ただ、自分で何か書類を用意しなければいけない訳ではなく、現状届は毎年住んでいる自治体から送られてくるので忘れずに記入して提出をしましょう。

 

誕生月別に貰える児童手当金の総額

受給者の所得制限が限度額未満の場合の第1・2子と第3子以降のそれぞれの誕生月別に貰える総額と、受給者の所得制限が限度額以上あった場合の誕生月別に貰える総額をそれぞれまとめてます。

 

誕生月 第1・2子の総額 第3子以降の総額 一律5,000円の総額
4月 2,085,000円 2,685,000円 955,000円
5月 2,075,000円 2,670,000円 950,000円
6月 2,065,000円 2,655,000円 945,000円
7月 2,055,000円 2,640,000円 940,000円
8月 2,045,000円 2,625,000円 935,000円
9月 2,035,000円 2,610,000円 930,000円
10月 2,025,000円 2,595,000円 925,000円
11月 2,015,000円 2,580,000円 920,000円
12月 2,005,000円 2,565,000円 915,000円
1月 1,995,000円 2,550,000円 910,000円
2月 1,985,000円 2,535,000円 905,000円
3月 1,975,000円 2,520,000円 900,000円

 

  • 所得制限が限度額未満の場合

第1・2子では、4月生まれと3月生まれでは、「110,000円」の差があります。

第3子以降では、「165,000円」の差があります。

 

  • 所得制限が限度額以上の場合

4月生まれと3月生まれでは、「55,000円」の差があります。

 

  • 所得制限が限度額以上の場合

限度額未満の方に比べると、「約100万」の差があります。

 

まとめ

生まれてから中学修了まで貰える児童手当金の総額は約200万です。誕生月によってや第1・2子と第3子以降では10万〜16万の差があったり、受給者の所得によっては100万ほど差が出たりします。

誕生月別に貰える総額はあくまでも目安で、月末などに生まれた場合はどうしても申請が翌月にまたがってしまったりするので、子どもが月末生まれの場合は、1ヶ月分少なく見積もって下さいね。

 

【図解】育児休業給付金の実例!申請時期・振込日・振込額を公開

2017.12.28

企業主導型保育所とは?保育料9万円が5万円になった理由

2017.10.20

【図解】いつ貰える?出産手当金・育児休業給付金の振込時期と金額

2017.08.16

 

スポンサーリンク