初心者におすすめする無料ブログの作り方

スポンサーリンク


何かをきっかけにブログを作りたいと思ってこの記事に辿りついたあなたにシンプルに、時系列に沿って「初心者におすすめする無料ブログの作り方」についてご紹介します。

 

  • ブログで集客ができる方法の前に、そもそもどんな方法があるの?
  • ブログで収入が手に入るって、どうやってるの?
  • いろんなサイトでWordPressで作るのがいいって見かけるけど、無料じゃないみたい
  • WordPressで作りたいけど、インターネットの仕組みがよく分かっていない
  • とりあえず作り始めちゃったけど、もしかしたら違ってるかも

 

そんな疑問を抱えてませんか?今は何か知りたい、やりたいと思ったらインターネットでその方法を簡単に知れるようになっています。

だけど、すぐにやり方を知れて行動を起こせる反面、順序を間違えて結局は余計な時間と労力を費やしてしまったということがあります。

そうならないためにも、この記事を読んで貰えればシンプルに、時系列に沿って全くの初心者でも無料ブログの作り方について理解ができて、作業ができるようにお伝えしていきます。

 

無料ブログを作る方法

恐らくあなたの目的を達成するための、無料ブログの作り方には2つの方法があります。ただ、本当に手持ちから1円もお金を出さないブログの作り方は1つしかありません。

それは、、、

 

無料ブログサービスを使う

インターネット上にある既にどこかの企業が提供している「無料ブログサービス」を使うことです。その種類は、知っているものから聞いたこともないようなものまで実に多くあります。

  • Amebaブログ
  • はてなブログ
  • LINEブログ
  • ライブドアブログ
  • FC2ブログ

などなど

これらのブログは既にインターネット上にサイトの形も画面もあって、あなたはそのサービス名を検索すればSNSなどに登録をするような感覚で自分の情報の登録を終えたら、日記や記事を書けば終わりです。

 

無料テンプレートと無料ソフトでブログを作る

もう一つがインターネット上のどこにもサイトの形も画面もないけど、無料のテンプレートとソフトを使ってブログが更新できるようなサイトを自分で作ることです。

と、ここまで聞いてあなたはなんだか難しいそうだから、もう上で紹介した「無料ブログサービス」で作ろうと思っていませんか?

でも、その前に考えて欲しいことがあります。

  • 他人の畑を一生懸命耕して好きなときに作物を収穫できないかもしれない
  • 自分の畑を一生懸命耕して好きなときに作物を収穫できる

どっちがいいですか?

同じ労働をするなら、自分の畑を耕したいし好きな時に作物を収穫したいですよね。

無料ブログのサービスを使ってブログを書くというのは他人の畑を耕すことです。そして、自分の無料のブログサイトを持つことは自分の畑を持つことと同じです。

 

WordPressでブログサイト作りをおすすめする理由

あなたはなぜ無料ブログを作りたいと思いましたか?

 

  • 妊娠出産で育休中だけど、仕事復帰ができないかもしれない
  • 家族の介護や子供が小さくて、働きに出れない
  • 子供の行事や体調で会社を休むときに肩身が狭い
  • いつまでこの働き方ができるか分からない
  • 子供にちゃんとお金を使ってあげたいし、自分で使えるお金も欲しい
  • 家でもちゃんと稼げて生活ができるようになりたい

 

きっかけはいろいろあると思います。

だからこそ、こうして検索をして行動を起こしたほど本気で始めようとして、これからあなたの貴重な時間を費やして作っていく、そのブログサイトをいつ自分のものでなくなるかもしれない「無料ブログサービス」で作るのではなく、自分で管理できるWordPressで作ることをおすすめしたいのです。

 

ところで、WordPressってなに?

インターネット上に自分の畑であるブログサイトを作るためには、その土地と種が必要です。WordPressは、いわば「種」です。

これと似たようなものが、WindowsのExcelやAdobeのPhotoshopなどのソフトと呼ばれるものです。Excelは表を作ったり計算をしたりするソフトですし、Photoshopは画像を作ったり加工したりするソフト、WordPressはブログやHPを作るソフトです。

WordPressは「CMS」と呼ばれるWEBサイトのコンテンツを作成したり管理するシステムなので、インターネットやWEBなどに関する専門知識がなくても簡単に更新できるのが特徴でもあります。

 

WordPressでブログサイトを作り始める前に

ブログサイトを作る前に必ず決めておきたいことがあります。WordPressでブログサイトを作ってしまった後に、唯一変えられないものがあります。

それは「ドメイン」と呼ばれる、インターネット上のあなたのブログサイトの「住所」です。例えば、このサイトは、「https://kotaeawase.com」です。

ブログサイトを作り始める前に、何も考えずにお花が好きだからサイト名を「https://ohana.com」にしたけど、でも実際にブログサイトではケーキにはまったのでケーキのことについて書いていくのにやっぱり「https://ceke.com」にしたいとなった場合は、新しく住所を取らなければいけなくなるし、ブログサイトも一から作り直さなければいけなくなるかもしれません。

そうならないためにも、ドメインを決める前にする大切なことが、、、

 

ブログサイトのターゲットとコンセプトについて

ブログサイトのターゲットとコンセプトを決めましょう。ブログサイトは、ただやみくもに自分が書きたいことを書いても読んで欲しい人に読まれません。

例えば、あなたはお花についてとても詳しくてその良さや種類について知って欲しい、あるいは実際にお花を手に取って欲しいためにブログサイトを作ったのに、ケーキのことについてばかり書いていたら、お花にはどんな種類があるんだろうや珍しいお花を買いたいなと思っている人がそのブログサイトを見てもお花のことについて知れないし、買いたいとも思いませんよね。

だから、ブログサイトを作り始める前には必ずあなたは何が得意で(あるいは伝えたいか)、その情報を必要としている人は誰なのかを決める必要があります。

 

ブログサイトのタイトルについて

ターゲットとコンセプトが決まって、お花の種類について知りたいや珍しいお花を買いたいと思った人に向けてあなたのお花に関する知識や珍しいお花を手に入れる方法を伝えるブログサイトを作るってなった場合、ブログサイトのタイトルは「おはな」とつけますよね。

「ケーキ」ってつけたらお花のことが知りたい人や買いたい人がサイトにきたら記事を読む前にケーキのサイトなんだ・・・って帰ってしまいます。

ブログサイトのタイトルは、お店の名前と同じです。

 

ブログサイトの可能性と収益方法を知る

ブログサイトにはいろんな使い方があります。でも、本質的には誰かが必要としている大切なことを伝えたり、届けたりすることです。それは、その人が必要としている情報であったり、商品やサービスであったり、あるいは人であったりします。結果として、それらを提供することで、収益を得るのです。

そんなブログサイトを活かして収益を得る方法は、主に4つです。インターネット上にはお小遣い程度から月々のお給料に相当する収益を得るサービスや方法が様々ありますが、ブログサイトで得る収益にのみ着目しています。

  • アフィリエイト広告
  • googleアドセンス広告
  • 自社商品やサービスを売る
  • ライター(作家)

 

googleアドセンス広告

得意なことや知識はあるけど、形として自分の商品やサービスがまだない人が、まず始めたい方法です。

googleアドセンス広告とは、googleが提供する広告枠をあなたのブログサイトに設置をして、サイトを訪れた人が広告表示されるサービスや商品が欲しい!と思ってクリックをしただけであなたに収益が入るようになるものです。

 

アフィリエイト広告

こちらも、googleアドセンス広告と同じように商品やサービスの広告枠をあなたのブログサイトに設置して、サイトを訪れた人がその商品やサービスを購入、あるいは資料請求することによってあなたに収益が入るようになるものです。

ただ、クリックをしただけで収益が入るgoogleアドセンス広告と違って、「購入」や「資料請求」といったようにお金を出したり、労力を費やして貰う必要があるので少し難易度が上がります。

どうしてもその商品やサービスが必要と思って、そして行動を起こして貰えるように魅力を伝える必要があります。

 

自社商品やサービス

あなたが既に自分の商品やサービスを持っている場合、そのものの知識を啓蒙したりあるいは手に取って、利用して貰えるようにブログサイトで宣伝したり、集客をしたり、購入できるようにしたりするのにブログサイトを使います。

商品の購入やサービスの利用によって発生した売上があなたの収益になります。

 

ライター(作家)

他の人にはない発想の考えや特別な知識を発信することで、考えや知識そのものに価値がついて情報サイトに記事を寄稿したり、書籍を出版したりしてあるいはメディアに出ることで収益を得ることができます。

ただ、これをすぐにというよりはブログサイトで発信をし続けていたら、結果的にその考えや知識が評価されてそうなったと言えます。

なかなか狙ってできることではないので、最初からこれを狙ってブログサイトに取り組むといつまで経っても収益が入らない可能性が高いです。

 

WordPressでブログサイトを作るために

ブログサイトのターゲット・コンセプト・タイトルが決まったら、いよいよWordPressでブログサイトを作って行きます。そのためには、まずあなたのブログサイトを作るための土地を手に入れなければいけません。

その方法は、、、

 

レンタルサーバーを借りる

インターネット上にブログサイトを表示するためには、インターネットの「土地」にあたる「サーバー」と呼ばれるものが必要です。

有名なところだと、

  • Xserver(エックスサーバー)
  • さくらインターネット
  • ロリポップ!

などがあります。

このサーバーのレンタルやこのあと出てくるドメインの取得があるので、WordPressは完全に無料のブログじゃないことになるのですが、その他の無料ブログサービスを使うことがアパートをレンタルすることだとすれば、WordPressは一度作ってしまえば自分の所有する戸建です。アパートはいつ追い出されるか分からないですよね。

初心者でも簡単に使えたり、設定したりすることができるという点においては、断然「Xserver」がおすすめです。

なぜならば、この後続くドメインの取得やWordpressのプログラムをインストールをする作業が一緒についていたり、自動でできたりするからです。

インターネットに関することがあまり得意じゃない人にも分かりやすいですし、使って行くうちに仕組みについても理解しやすいのもポイントです。

料金の目安は、Xserverの一番スタンタードなプラン「X10プラン」を例にすると、1ヶ月1,000円程です。

  • 初期費用3,240円(税込)
  • ご利用料金月々1,080円(税込)×12ヶ月=12,960円
  • 1,350円/月


ドメインを取る

サーバーをレンタルできたら、次にしなければいけないのがインターネット上であなたのサイトの「住所」を示す「ドメイン」を取ることです。

これは、ドメインを取る専門のサービスもあれば、既に契約したサーバーの中で取れるようになっている場合もあります。

  • お名前.com
  • ムームードメイン
  • バリュードメイン

などがあります。

サーバーとドメインをそれぞれ独立したサービスで契約をすると、サーバー側にドメインを登録したりなど初心者がつまずき易い作業が発生してしまうので、そのためにも「Xserver」をおすすめします。

Xserverでドメインは1件あたり、1年間1,620円(税込)〜で、月々に換算すると135円程度で取れます。

 

WordPressをインストールする

サーバーとドメインが用意できたら、最後はいよいよインターネット上にあなたのブログサイトを作るためのWordpressをインストールする作業です。

通常は、それぞれ契約したサーバーに自分で「FTP」と呼ばれるサーバーにファイルを転送するソフトを使って、「Wordpress日本語ローカルサイト」から最新のWordpressのファイルをダンウンロードしてサーバーにアップロードしてから、インストールをします。

でも、そういった知識やインターネットに関することがあまり得意じゃない初心者はその作業でつまずいてしまうので、サーバーから自動でインストールできるサービスを使いましょう。

Xserverであれば、管理画面からインストールボタンは押せば自動で入れられます。


無料テーマをアップロードする

WordPressがインストールできたら、あなたのブログサイトを更新できる管理画面がインターネット上に出来ます。

あとは、そのブログサイトの見た目を無料テーマと呼ばれるテンプレートを使って着飾れば、あなたのオリジナルのブログサイトが出来上がります。

 

まとめ

無料ブログサイトを作りたいと思っているあなたは、「無料ブログサービス」で作ることをイメージしていたかもしれません。

でも、ブログサイトで綴っていくあなたの言葉や知識はあなたの資産です。いつかなくなってしまうかもしれないところに、その言葉や知識を蓄積するならWordpressで作れる方法についても知っておいて欲しいと思いました。

今まで、レンタルサーバーを借りてブログサイトを作ることは専門の知識を持った人じゃないとできなかったので、作りたいと思っても20万や30万と出して作って貰う必要がありましたが、Wordpressならレンタルサーバーとドメインがあれば無料で作れる時代です。

あなたの資産となるブログサイトができますように。

スポンサーリンク